• banner

ネブライザー治療について知っておくべきことは次のとおりです

ネブライザー治療について知っておくべきことは次のとおりです

ネブライザー治療が必要なのは誰ですか?

ネブライザー治療で使用される薬剤は、携帯型定量吸入器(MDI)で使用される薬剤と同じです。ただし、MDIを使用する場合、患者は薬剤のスプレーと連携して、すばやく深く吸入できる必要があります。
若すぎたり病気で呼吸を調整できない患者や、吸入器を利用できない患者には、ネブライザー治療が適しています。ネブライザー治療は、薬剤を迅速かつ直接肺に投与するための効果的な方法です。

ネブライザーマシンには何がありますか?

ネブライザーで使用される薬には2つのタイプがあります。1つはアルブテロールと呼ばれる即効性のある薬で、気道を制御する平滑筋を弛緩させ、気道を拡張させます。
2番目のタイプの薬は、気道の筋肉を収縮させる経路を遮断する臭化イプラトロピウム(Atrovent)と呼ばれる長時間作用型の薬です。これは、気道を弛緩させて拡張させるもう1つのメカニズムです。
多くの場合、アルブテロールと臭化イプラトロピウムは、DuoNebと呼ばれるもので一緒に与えられます。

ネブライザー治療にはどのくらい時間がかかりますか?

1回のネブライザー治療を完了するには10〜15分かかります。重大な喘鳴または呼吸困難のある患者は、最大の効果を享受するために、最大3回の連続ネブライザー治療を完了することができます。

ネブライザー治療による副作用はありますか?

アルブテロールの副作用には、速い心拍数、不眠症、および不快感や過敏症が含まれます。これらの副作用は通常、治療を完了してから20分以内に解消します。
臭化イプラトロピウムの副作用には、口渇や喉の炎症などがあります。
持続性の咳、喘鳴、息切れなどの呼吸器症状を経験している場合は、ネブライザー治療が症状に適応しているかどうかを確認するために、医療提供者に迅速な対応を求めることが重要です。


投稿時間:2022年3月8日